ぼくらの 10   著者:鬼頭莫宏

 ウシロとマチが契約し、次のパイロットはマチと決まる。
 ウシロの椅子は、一瞬、なんだこれ?と思ったが、コクピットのシートか。ウシロなりの”母”とカナへの想い、けじめなのだろう。くどくどとセリフで説明しないところが良いね。
 その次は、マチとコエムシの過去が語られるかと予想していたが、”ぼくらの”家族を訪ねる旅が始まる。死を前にした身辺整理のような、巡礼のような旅。合間の二人の会話がなかなか良い感じ。
 そして旅の終わりに、二人の間に意外な展開が。ふ~んと思っていたら、急転直下、驚きの展開へ!
 う~ん、これはひどいよ!覚悟を決めたのだから戦わせてあげればよいのに。まあウシロの引継ぎ戦も見たくはないが。
 コエムシは、思っていたより、妹思いだったなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック